HOME > スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME > レビュー

デュラララ!!

最近レビューしてなくて申し訳ありませんでした~

何かと忙しくてね~

ということで、アニメ化もあってか最近人気急上昇中の「デュラララ!!」のレビューをしたいと思います!

作者は「成田良悟さん」現在8巻まで発売中です!

具体的な物語の主旨を簡単に説明しますと、

舞台は池袋、次々に起こる日常とはほど遠い「非日常」
そんな中、一見普通に見える住民たちもまた非日常・・・・
抗争を繰り広げるギャングたち、物語に絡んでくる人あらざる者たち、人間だけど浮世離れした人々
彼らは1巻1巻様々な「非日常」を体験し、だんだんと日常からは遠ざかっていく・・・・

とカッコよく表現してみましたwwwww


そろそろ内容に入っていきますが、まず注意してほしいのは登場人物が普通でないってところですね~
なんと言いますか、そもそも主人公はデュラハンと呼ばれる欧州の妖精の一種で、他にも人間じゃない妖怪的な人もちょこちょこ出てきます
まぁ登場人物の中には本当に普通の人間なんですけど自動販売機投げる奴とかいますし・・・・
とにかく、でてくる人(?)がみんな企画外!! そこが作品の魅力でもあるんですが、まぁ中二と言えば中二かな・・・・
性格の方も皆完全にぶっ飛んでいます!!
そんな人たちが繰り広げる「非日常」がこの作品の本質となってきます


イラストの方は「ヤスダスズヒトさん」! 流星はヤスダスズヒトさんの絵は好きな方なので、とってもイカしていると思います!
写実的ではないのですが何となく人間っぽい絵に惚れます!! ←意味不明ww


作品全体としては、あくまで流星の主観ですが結構読みづらい・・・
1巻ずつである程度の区切りがつくのですが、すべてそれ以降の話に受けつがれていきます。しかも、登場人物がマジで多い・・・・ 
この作品の特性としてできるだけ物語のミソや人物などを隠しておいて最後にど~んとバラすという傾向があり、一冊の最後の方になると、ズバババと物語の秘密というか核心が明らかになってくるので、休み時間とかでちょっとずつ読んでいると最初の方の伏線とか違和感を忘れていて、ちゃんととスッキリできません・・・・
実際全部読んだ後、もう一回読むと理解が深まると思います
流星はそういうメンドウなのはあまり好きではないですが、中にはそういうところが好きって人もいるみたいです!


8巻まで読んでみて、普通の作品なら結構伏線とかを意識したりちゃんと覚えてたりするんですが、デュラララ!!だとなんと言うか自分のリズムを狂わされます・・・

でも、やっぱり読んでいる時はドキドキしますし、物語の先の読めなさが半端なくて、素敵な作品だと思います!

作品自体は結構好きです!!

ぜひ皆さんも気が向いたら読んでみてね!!



余談になりますが、デュラララ!!は女性キャラ(男性も)の個性がマジで強いです。オーソドックスなタイプのヒロインはなかなかいませんが、流星はそういうキャラはめっちゃ好きです!!

ちなみにデュラララ!!の中で好きなキャラは、
一位;矢霧 波江 二位;セルティ・ストゥルルソン(主人公) 三位;ヴァローナ 

デュラララ!!好きな人がいたらコメとかしてくれると嬉しいです!

では、ごきげんよう~
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://xxwwwwwwwwwxx.blog12.fc2.com/tb.php/216-8797f54a

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ

special thanks: Shangri_LaDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。