HOME > スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME > レビュー

将国のアルタイル

こんにちは~ 本当は記念すべき6巻の発売日にレビューしようと思ったのですが、忙しくて機会を逃してしまいました・・・ということで今日やりま~す!!

将国のアルタイルは現在「月刊少年シリウス」にて好評連載中の作品で、最近6巻が発売になりました。

主人公は「マフムート 」という少年、作中では「犬鷲のマフムート将軍 」と呼ばれています。

この作品では登場人物はだいたい「○○の 名前(+役職名)」で呼ばれています。

世界観は良く分かりません・・・一説によると昔のモンゴルをイメージしたとか言われていますけど、信憑性は不確かです。

公式では将国のアルタイルをこう表現しています。

ここではない世界、いまではない時代。
将軍(パシャ)と呼ばれる為政者たちの治める草原と砂漠の国・トルキエ将国。隣国・バルトライン帝国との戦争から12年、交易で得た巨万の富をもって復興を遂げたトルキエに、
再び帝国の魔の手が迫る・・・。就任10日目の新米将軍・マフムート、犬鷲・イスカンダルを相棒に国家間に渦巻く陰謀と策略を切り裂く!



まぁあらすじはそんな感じです。詳しくはwikiってください!! 

評価としては

世界観はまぁ新しいという意味で形にとらわれず自由に作品を広げることができていいと思います。

ストーリーは王道と言ったらなんか変な気もしますが、実にいきいきして作品に引き込まれていく感じはあります。

重要な絵ですが、これはまぁ問題はありません。スゲー上手いというわけではありませんが、十分上手いです。

キャラはみんな個性豊かでいいと思いますよ!!

全体を通して見ても、話もキャラもみんなバランス良く組み立てられていて、読者を読ませます。

流星もこの作品は大好きです。まだメジャーではありませんがお勧めです。
いや、一部の○女子に人気があります。

この作品の問題点を挙げるとすれば、読み方がメンドイってことです。

将軍(パシャ)って書いてあったじゃないですか、そうなんですこの作品はなんか特別な読み方を毎回するんです。

マジでカタカナばっかりなんで、カタカナ苦手な人は読むの難しいかも・・・
ちなみに「犬鷲のマフムート将軍 」「トゥグリル・マフムート・パシャ」と読みます・・・(汗)
みんなそんな感じです・・・

ということで興味があったら今度見てみてください!!!!
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://xxwwwwwwwwwxx.blog12.fc2.com/tb.php/75-f7e67139

コメント

モンゴルってそんなに将軍いたのか?w
バトル系だといいけどね

ハヤテを買いに行かねば

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ

special thanks: Shangri_LaDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。